時代の流れとともに変化していた車売却の形態

車売却の形態は、時代が経過するにつれて変化してきているように思います。

まず昭和の半ば頃における車売却は、恐らく個人間取引が多かったのではないでしょうか。昭和半ばとなると、お店に売るとしたらディーラーになってしまいます。しかしディーラーに売却してしまうと、あまり高めな金額が期待できないものです。そのため多くの方々はディーラーに売却するより、むしろ個人間売買にて車を売却していたように思います。

ところが1990年台に突入してからは、車買取の業者がかなり増えてきました。特にガリバーなどは、車買取の業者の代表とも言える存在なのですが。このため個人間売買よりも、むしろ個人対法人での売却形式が増えてきたのではないかと思うのです。つまり1990年台になるまでは主にCtoCすなわちCustomer to Customerであり、1990年台になってからはBtoCつまりBusiness to Customerに変化したと思うのです。

ただその当時にはネットオークションがありました。そのため一部の方々は、当時もCtoCで車の売却をしていたのだと思います。 ところが月日が更に流れて、今度は更にその形態が変化しています。カーラインというオークションのサイトが出現しているのです。前述のようにオークションの場合はCtoCになるのですが、カーラインの場合はBtoCも可能なのだそうです。

つまりオークションによる車売却の仕組みも、だんだんと多様化しつつある訳です。時代の変化とともに、車売却のシステムが色々と変化しているのです。
ミラ 買取

となると今後も、まだまだ新しい売買システムが誕生するように思えてなりません。車の売却というニーズは長らく続くものですし、いつか更に新しいスタイルが誕生するのではないでしょうか。